FC2ブログ
 

相原組。

新苗ぐんぐん生長中!

先日、久しぶりに風邪をひきました。
暖かいと思えば朝晩冷え込んだりして、温度調節が難しい。「フリースの下の汗」←これ、風邪の元です。皆様もお気をつけあそばせ。
私はすっかり元気になりました。

さて、寝込んでいる間に、新苗はぐんぐんと生長していした。

先日もご紹介しました「グルス・アン・テプリッツ」が一番かなあ。
早いものは蕾が見えたりしていますので、摘蕾しつつ育てています。
20070328-006.jpg



本当は皆に見せてあげたい新苗のピッカピカの美しさ。あ~~~、癒される。
これは、原種の仲間「スタンウェル・パーペチュアル」。緑の枝に赤い棘が色っぽいでしょう。20070328-004.jpg


これらは生育が早いもので、まだまだ芽吹いたばかりの新苗も沢山ありますので、あまり焦らないで待っていてくださいね。
基本的に加温はせず、寒さにあてて鍛えながら育てて、しっかりとした苗をお届けできるようにしたいと思っています。
去年より、ずっと出来もいいようなので、私たちもお届けするのをいつも以上に楽しみにしています。

そうそう、ストロベリー・アイスの展開しかかった葉の周辺が若干黄色になり心配されていた方がいらっしゃったのですが、新芽が元気に出てきているようであれば、心配はいらないでしょう。
少し、寒の戻りがありましたよね。その影響で、生理現象で黄色くなったり、葉が縮れた感じになったりします。特に、ピースなど照り葉のものによく見られる現象です。

さて、去年から眠らなかった数個の蕾をそのまま残したノアゼットの「マーシャル・ニール」。
こんなに綺麗に咲きました~~~!今日の撮影です。
20070328-014.jpg

香り豊潤。花弁数たっぷり。こんな姿を見たかったから残したのです。マーシャル・ニールは枝が殆ど自立しないので、花枝も花の重みでほぼ下を向きます。その特性がいとおしくて、なるべく頭上に咲くように誘引しています。
マーシャル・ニールの新苗も枝先がタラリンとしているので、一瞬元気がない・・・と思われるかもしれませんが、それが特性で、問題ありません。それでもって、元気なさそうに見えるだけで生長力旺盛です。
・・・そういうこと考えてるだけで楽しいね!

スポンサーサイト



PageTop