FC2ブログ
 

相原組。

「とっとり花回廊」訪問記

いやはや、暑いですね~~~。
今年の冬は雨が多く畑からの鉢上げ作業が思うようにいかず、いつもより生育が遅れ気味(生育が悪いってことではないです、悪しからず)だったのですが、この2-3日の25度近い気温で、びっくりするくらい新苗が成長してきました。
ボチボチと支柱を立てていたのが、一気に伸びるものだから、正直焦ってます。(汗)
発送できる状態になるまであと10日から2週間ほどでしょうか。
もう少し待っててくださいね。


1週間ほど前に「とっとり花回廊」さんへ行ってきました。
とっとり花回廊
今年はバタバタとして、3月の結婚記念日も何事もなく過ごしておりましたが、
この疲れを抱えたまま春の繁忙期を迎える自信がない・・・
と、理由をつけまして、突然思いつき出かけることにしました。

20090311-057.jpg

実は「とっとり花回廊」さんには数年前にルゴサ系を中心に苗をお送りしてまして、
その苗がどうなってるかな~~、と会いに行ったのです。

前日に連絡したにもかかわらず、当日にはお休みの方々も出てきて下さって、
感激しつつ、「バラの小径」周辺に行き着くと、

あらまあ~~~~、見事!
なんて元気に、そして良い環境で育ててもらっているのでしょう。
担当の皆さんのご苦労は想像するに難くなく、作業のご苦労もさることながら、
その意気込みといいますか、「きちんと育てて綺麗に見てもらおう」というのがひしひしと伝わってくるのです。
心持が素晴らしい!

大小は別にして、個人ではない場所に我が家の苗が行くことも多々あり、
必ずしも幸せな環境で育っていないバラに出会うことも多く、
「あ・・・・」と思って泣きそうになるので、そのまま立ち去るわけですが、
こんな風に大事にして下さっていると、別の意味で泣きそうになり、そりゃあもうテンションが上がるのです。
いろいろご説明をしていただいたあと、お別れする段には、自然と固い握手をしました。
20090311-022.jpg

我が家のバラだけでなく、以前からあったバラ園も整備されており、
こちらもきっと素晴らしい光景が広がることでしょう。
また、なるべく人工的な物を使わず、木でポールやアーチも作ってあるのも
素朴な感じが植えてあるバラにあっていて、良かったです。
敷いてあるマルチング、すごいでしょう。
バーク堆肥を3cmとおっしゃっていたけれど、場所によっては5cmはあるんじゃないかと思います。

今年の4/18で10周年だそうですが、10年の「疲れ」を感じさせない植物と施設です。
お花が好きな方でも、そう興味がない方でも居心地の良い場所だと思います。
20090311-042.jpg

今はチューリップとビオラが色遣いも綺麗で、別の場所でご自分たちで育てられた花を施設内に飾る・・・とお聞きし、やっぱり・・・と。
植物への愛情が立ち昇っている気がしました。
ユリにも力を入れてらっしゃるようで、バラが終わった後、ユリを見に行くのもいいと思いますよ。
今回はまだ芽が土からでてきたばかりのような感じでしたが、「見てみたい!」と思わせるものでした。

もしバラのシーズンに行かれる方がありましたら、是非ルゴサ系の育て方見せ方の参考にしてください。
また、ルゴサの透明感ある花色や香りも楽しんできてください。
私の大好きなルゴサの世界への誘いにはぴったりの場所です。(笑)

20090311-047.jpg
↑右が「ピロロ」で左が「ポロロ」。可愛いでしょ。
あ、どうでもよかったですか。ポリポリ・・
とりあえず、あとで一緒に写真を撮ってきました。

今回の訪問、本当に元気をもらって帰ってきました。
ありがとうございました。

私たちも「春のバラモード」に突入します。
蕾が膨らみ、葉もワサワサして楽しみがもうそこまで来ています。

スポンサーサイト



PageTop