FC2ブログ
 

相原組。

坊ちゃんカップ 優勝!!

愛媛県のフラワーアレンジコンテスト「坊ちゃんカップ」。

http://kakikumiai.com/information/index.html

今年もハルが出品し、一次審査通過の後、舞台上でのファイナル競技の結果、優勝することができました!パチパチパチ!
バラにこだわった作品とファイナル競技の様子、ご覧あれ~~。

200911231.jpg

中央の黒い物体は何だ?

答えはベースを作りバラの棘を流れをつけながら貼り付けてオブジェにしています。
そして原種系の棘を主体に、クネクネ曲がる枝や棘の美しさを見ていただきながら、流れを感じさせています。花はつるバラ「シー・フォーム」(すこ~しピンクに色づいているのが「夢」っぽいの。)、フロリバンダ「グラニー」を中心に、ティ「レディー・ヒリンドン」チャイナ「グルス・アン・テプリッツ」「ルイ14世」などを使用しています。
下のほうの中央にある葉っぱはつるバラ「アルベリック・バルビエ」。新芽がつやつやとしていい効果を演出していました。

200911232.jpg
棘の部分のアップ。
こうして写真で見ると、ちょっとキモイ?
ツブツブ恐怖症の方には嫌われそうですが、実物を見ると、色味が抑えられて、どちらかというと好意的に受け止められていたんじゃないでしょうか。
ふくらみのある形をしているので、棘を採っても採っても足りなくて、父や母の手も借り、園内からよさそうな棘を集める我が家の援軍部隊。(汗)
これを、医療用ピンセットで貼り付けていく作業をハルは1週間くらい夜な夜なやってましたよ。老眼気味だから、つらいつらい。

200911233.jpg
横から見たころ。この薄さに注目!
ハルはエライな~と思っているところは、こういうベース部分を全部自分で作ろうとするところ。
オアシスを入れる部分を考え水漏れしないように、できるだけ薄く、直角に立たせるように、そして自分の思った通りに作るって、大変なのよね。
アレンジを作ることのほとんどはこういう構成部分であって、花を入れるのは最終日の作業なのです。花を入れた後の姿を頭に描きながら、ベース部分だけを作っていくのに、これまた夜な夜な・・。私のさびしい夜が続くわけです。
この作品で一次審査通過、ファイナル進出です。ワ~~イ、良かった。がんばったもんね。

20091122-103.jpg
ファイナルに進出した5人によるステージ上での競技の開始です。(一番右側)
その場で初めて花材を見て、デザイン、花材の配分を考え、花束20分、テーブルコーディネイト30分で作り上げます。
個人的なことだけど、「花材」って言葉、あんまり好きじゃないんですよね。機械の部品みたいな響きで。少なくとも自分で育てた花は花材とは呼べないんだなあ。ブツブツ・・独り言。

200911236.jpg
まずは、花束。
時間の半分以上を下準備に使い、花束を握り始めたのは10分過ぎ。他の方はほぼ形が出来上がりつつあるのに、大丈夫か?ハルちゃん。
と、思ったら、そこから早い早い。どうしてこんな大きな花束を握って、ずれずに持てるのでしょう。

その後、テーブルコーディネイトも無難に終え、審査が行われました。
私としては、あこがれの日坂明広さんが審査員で、見ていただける対象になれたこともうれしかったなあ。
日坂さんの実力は万人が認めるところで、お花の世界ではとっても有名人なんです。
http://www.taste-brand.com/
兵庫県の方もそれ以外の方も、機会があればブライダルなどお願いしたら、そりゃあもう一生の思い出になると思いますよ。
お花業界では「お花界のヨン様」と呼ばれているらしく、見目麗しいお姿も素敵ですよ。

20091122-178.jpg
そして結果発表と表彰式。
見事、優勝!!
ステージ上で優勝者として一言御礼を述べております。
(奥左手がヨン様こと日坂さん)

花屋さんをやめて生産農家にやってきて6年超。
現場をやっていないので、勘が戻るのか心配していましたが、20年以上の一生懸命努力したものは体に刷り込まれているものなのですね。こちらに来てからもデザインの勉強だけは続けていましたから。
杞憂に終わりました。良かったね、ハルちゃん。

そして、お花屋さんでもないのに懐深く出品をさせてくださる主催者の皆様、お世話になったスタッフの皆様、有り難うございました。

200911238.jpg

全てが終わった後、二人で祝勝会。
ここは、焼き肉でしょうと、大好きなお店「福寿」へ。
http://www.fukujyu-1.com/
ファイナルで作った大きな花束をプレゼント。
奥に清潔な厨房が見えるお酒の瓶が並んだカウンターに、オーナーお気に入りの赤い花瓶を置き花束を挿したら、まあなんてぴったりなんでしょう。素敵なディスプレイとなりました。

20091122-024.jpg
今日ばかりは贅沢してもいいでしょう。
オーナーお勧め「松坂エリカ様」。(松坂牛で牛の名前がエリカ号)
ああ、美味しい、幸せ~~。

ジュウジュウと私たちの夜は更けていったのでした。

そして黒猫バロンは脱力してました。
20091123.jpg

スポンサーサイト



PageTop