FC2ブログ
 

相原組。

ここから生産が始まる。

北国や山間部、また日本海では、災害と言ってもいいほどの雪の量ですね。
大雪が降っている地方の皆様、どうぞお気を付けてお過ごしください。
冬苗の発送を待って欲しい方は、どうぞ遠慮なくご連絡ください。

201-116.jpg

こちら松山でも積雪こそないものの、日常的に粉雪がちらほらと舞っており、普通に寒い冬となっています。
ただ、風がそれほど強くないので、「耳がちぎれる~~」ってほどではありません。
新苗の掘り起こしとか、シャベルを使った作業が多く、結構汗かいてるんですよ。
胴体は暑いけれど、末端の手足が凍るって感じでしょうか。

みんなが寒そうに体を丸めて歩いている脇で汗をかいている私・・ホホホ。女らしい。

写真は昨年末に採取したノイバラの種です。今は熟成させているところ。
この種の出来が基本的な苗の出来を左右しますので、採取もかなり真剣作業です。

この時期は鉢の植え替えや剪定、新苗の掘り上げと作業が目白押しなのですが、結構好きなんだなあ。
希望が見えるからでしょうか。

そうそう、先日、お客様から「芽接ぎ苗の話」で、芽接ぎ苗のメリットを書いてあるけれども、デメリットは何ですか?というご質問をいただきました。

確かに何かな・・・生産段階での作業が重労働であること・・・と、ちょっと苦笑してしまいました。
今年も頑張って作ろうっと。

スポンサーサイト



PageTop