相原組。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

気持ちは来春。



秋バラの季節ですが、順調に育っていますでしょうか。
私たちも先日夏剪定を終え、開花を待つところです。

我が家の春の写真からセレクトして、少しご紹介しますね。
品種選びの参考となさってください。

結構大きめのアーチ。
左側がつるバラ「アイスバーグ(つる)」、右側がハイブリッド・ムスク「ラベンダー・ラッシー」。
奥の濃いピンクがつるバラ「ドリーム・ウィーバー」。
アーチ20150518-(2)

左側のつるバラ「アイスバーグ(つる)」のアップです。素直にきれい。
20150518-(7).jpg

右側のハイブリッド・ムスク「ラベンダー・ラッシー」。
優秀なつるバラです。
20150518-(4).jpg

つるバラ「レオナルド・ダ・ヴィンチ」。
奥の赤のつるバラが「ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール」と「クリストファー・ストン(つる)」。
20150518-(55).jpg

真ん中のグレーっぽい落ち着いた雰囲気のつるバラ「アシュ・ウェンズディ」。
その右側の一重のバラが「ウエディング・デイ」。左がER「グラハム・トーマス」。
20150518-(32).jpg

つるバラ「パレード」。大輪の花がたわわに咲きます。
20150518-(36).jpg

手前の白バラの左側がポリアンサ「アンナマリ・ド・モントラベル」。
右側のうすピンクがノアゼット「ブラッシュ・ノアゼット」。
ブラッシュ・ノアゼットはもう少し大きくもできるけれど、私はこのくらいで咲いてほしいので、
心を鬼にして、バッサリいってます。
20150518-(21).jpg

今日の最後はにぎやかに。
黄色がつるバラ「ゴールド・バニー(つる)」。
朱色がつるバラ「スカーレット・クィーン・エリザベス」。
写真だけだとどぎつく見えるかもしれませんが、広い空間の中で見ると、すっきりとした花色で地元では結構人気なのです。
20150518-(59).jpg

今日のところはここまで。またアップします!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。