相原組。

新苗の掘りおこし始まる

松山にもようやく寒波が来て、冬らしくなってきました。
放っておいたら、春まで咲いているんじゃないかというくらいの暖かさでしたが、もうこれで一旦バラさんも休眠してもらいましょう。

冬苗で大わらわの中、新苗の掘りおこしも始まりました。
この時期は本当に肉体労働で忙しい。

夏にはこんなに茂っていた芽接ぎ畑。台木のノイバラが勇ましく茂っています。
秋にこれらの根元に芽接ぎをしていきました。
20170120.jpg

先日、地上部をカットしました。
201701201.jpg
地面にかすかに見えているのが1本1本の新苗たち。
これを手作業で丁寧に掘り起こしていきます。

芽接ぎテープを取って、活着しているものを鉢上げです。
20160128-(5).jpg
ぷちっとした芽から、大きく育っていきます。

詳しくは、芽接ぎ苗のお話をご覧ください。
これから1か月、延々と続きます。
体力勝負で頑張ります!

ノンタ店長もさすがに足腰が冷えるらしい。
DSC07594.jpg

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する