FC2ブログ
 

相原組。

あなどるなかれ~水遣り~

鉢栽培をしていると、毎日の水遣りが欠かせない基本かつ重要な仕事です。
我が家は鉢も栽培用で小さいですし、ピートモスも殆ど使わないのでどうしても乾燥しやすくなります。

温度や風や太陽光の具合と今後の天気・・・を色々考えながら、時間や量を調節します。こういうとき、「どのくらい水を飲みたいの?」と、バラと会話している気になるんですよ。

随分秋めいてきて、もうそろそろウドンコ病が出やすくなる季節です。
どうしても水遣りを夕方や夜にしか出来ない場合、葉にかからないように水遣りをすると、病気の予防になりますよ。
葉に水がかかった状態で一晩過ごすのって、温度湿度ともに病気が出やすい環境下にわざわざ置くようなものなんです。

なので、我が家では、午後の水遣りは午後3時頃から始め、なるべく5時までには終えます。これからもっと涼しくなると、午前のみの水遣りとなるわけです。
夏場、3時というと暑いので、お湯になりそうですが、水遣りには1回2時間はかかることと、そのことを恐れるよりも水切れのほうがよっぽど怖いということと、普段から鍛えてあるから大丈夫、という訳が分からないけれども確信めいた理由があります。(笑)
皆さんもそうだと思いますが、この2時間、ただただ水を遣っているのではなく、チェックの時間となります。色々なことに気づく楽しい瞬間でもありますよね。

ん~~~、「プチ情報」って思ったのですが、誤解なきよう書こうとするとどうも長くなるのよねえ・・・。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

相変わらず勉強になります

まずは再開ありがとうございます。とても嬉しいです。
しかも再開初っぱなから、とても貴重なお話ありがとうございます。
台風の後の対処、すごく勉強になりました。
更に今日は、夏場の水やりについてのお話、助かりました。
今年の夏は暑さで萎れてる時、「水やりしたいけどお湯になって蒸れたらどうしよう…」
と悩んでいたので、本当に為になります。いつもながらありがとうございます。
ここのところ、気候がよくなったためか、どんどん新しい葉が展開してきて、
見てて楽しいです。
花の季節はもちろんですが、この新芽展開もワクワクしてきます。

花のしっぽ | URL | 2006/09/21 (Thu) 12:05 [編集]


おくが深~い

水遣り 奥が深いですね~。うちは真夏より 空気が乾燥する今時期のほうが乾く気がします。蕾も膨らみ始めてるので喉(?)も乾くんでしょうか?

涼しくなるにつれ 日に日に花色もキレイになって行きます。水遣りも夏場の夕方中心から午前中、中心に変えました。人間もやっと動けるくらいの気温になってきましたので、、、(苦笑)。

みいまる | URL | 2006/09/22 (Fri) 11:26 [編集]


薔薇だけでなく・・・

わが家にゴマンとある、鉢植えの宿根草・・・夏の間に生育は順調。故に根が鉢一杯になっているのでしょう、すぐに乾いてしまう。株分けを考えているのがいくつか・・・チェリーセージ類、ダンギク、サルビア類・・・
薔薇も乾く鉢を優先的に植え替えてます。(毎年全部は出来ないから~)

薔薇的には落ち着いている今。私は既に球根大臣です~~~(ToT)

レダ | URL | 2006/09/25 (Mon) 00:25 [編集]


ブログの再開、とても楽しみにしておりました。昨年の秋の大苗を送っていただいてからもうすぐ一年になります。この一年、毎日わくわく、しょんぼりの繰り返しでした。
バラのことは色々とネットで調べましたがまるで???。特に沖縄は気候が違いますので本土とどの程度違うのかまだ見当がつきません。
ローラ、とウィスキーは地植えで育てました。ローラは元気です。ウィスキーは枝枯れ病で枯れてしまいました。(6月までとても元気で美しい花をみせてくれました。残念。台風の後の洗浄が遅れたのが原因?)
エレン・ウィルモットとラ・フランスは鉢植えで育てています。元気ですがあまり成長しておりません。今度の植え替えの時に地植えにしようか迷っています。
剪定の時期もあまり自信がないので今年は9月9日に行いました。今は新芽が吹き出しています。今年の様子を見て徐々に適期を見極めるつもりです。ゆっくりと楽しみます。
台風後の対策もとても参考になりました。 お蔭様で朝起きが楽しくなりました。

チャチャ・ポチャ | URL | 2006/09/25 (Mon) 22:31 [編集]