FC2ブログ
 

相原組。

春苗についてのご報告

20060507-(1).jpg

春苗ショップをまもなくオープン致しますが、その前にお客様にひとつご報告をさせて頂きます。

実は、畑の西側に隣接する南北に広い土地があるのですが、そちらの南の端に15F建てマンションが建設されることになりました。畑からみると、南西の位置にあたる場所に棟を建てるということで、現在鉢を栽培している場所への午後の日照が激減してしまう部分ができてしまうことになりました。

バラに日照が必要なことは、皆様でしたら痛いほどお分かり頂けると思いますし、ましてや、私たちは「相原の元気な苗」として販売させて頂いているのですから、日照が出来る限り欲しいのは容易に想像していただけると思います。
日陰図をみると、シーズンにより動きますが、バラの季節である春と秋には、午前中は大丈夫なのですが、午後は全体ではありませんが園の中央を横切るように時間を追って陰が伸びていきます。とはいえ、市街化地域ですし、違法建築というわけではないので、どうしたものやら・・・と先方と話し合いをしています。(市街化地域とはいえ、周辺にはまだまだ田んぼや畑が残り、農業従事者も沢山いらっしゃる地域です。農業を続けていくことで、後ろ指をさされるような場所ではありません。)

園の移転も頭をよぎりましたが、自宅と畑が近いからこそきめ細かいバラの世話が出来ることですので、別の場所に用意することは、じっくり時間をかけて考えるべきことでしょう。バラが順調に生育してくれるのか、土は?水は?風は?温度は?施設は?・・・考慮しなくてはいけないことは山ほどあります。それに、300年以上この場所で畑を耕し生活してきた我が家。1ヶ月や2ヶ月で結論を出せといわれても無理なお話です。

しかし、既に来年の新苗の芽接ぎも終わり、年明けには新苗の鉢上げ作業が始まりますから、時間は待ってくれません。
午後に畑全部が陰になるわけではないので、日照を確保できる場所を新たに鉢置き場にする必要があり、一部ハウスや見本園、駐車場としている場所をつぶし、年内には園内の施設を移動しなければいけません。給水排水工事も付随してきます。
ここ一月近く、日照不足の度合い、生育被害の予想、施設移動の検討など、もろもろで忙殺され、春苗ショップもこれらの対策を考えないことにはオープンできず、今に至ってしまいました。
今出来ること・・・家族全員の知恵と技術を結集して、これから出来るだけのことをしていこうと思っています。

新しい環境で育てることにも少々不安を感じますし、なにより苗の質が私たちの「命」だと思っていますので、来年の春苗の受注数は当初は生育が見込める数量で(従来よりやや少なめの数になります)スタートをする予定です。来年3月頃になると、生育の状態も少しは分かってくると思いますので、それにより受注数を増やせるものは増やしていこうと思っています。ただでさえ、数が少ないのに、ごめんなさい。
以上の理由で、今年の春苗は少しイレギュラーな形での受注となりますが、何卒ご了承くださいませ。
会員の皆様には、春苗ショップのオープン時と3月の追加時にメールでお知らせをさせていただきます。

生産者は、「いいもの、作っているね。」と言われるのが何よりの賛辞で、本当に踊りだしたくなるくらいなんです。「いいもの」を作ると、「普通のもの」はもう気持ちとして作れないのです。そんな気持ち、理解していただけますよね。アンネのバラも泣いてるわ・・・。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

応援しています

いつも相原さんのページにお邪魔して楽しんでいます。(まだ苗を購入した事はないのですが・・)マンションの件、びっくりしました。懐かしい風景が変わっていくのはつらいものですね。そのうえバラ栽培にとって最も大切なお日様をとられるのは・・もう変更されることはないのでしょうか。ご家族のみなさんの気持ちを奮い立たせるような事は今の私にはできませんが、これからもずっと応援しています。そしていつか我が家にも相原さんのバラを咲かせ、長くお世話したいです。どうか皆様お体を御自愛くださいね。

ばに | URL | 2006/11/17 (Fri) 16:45 [編集]


コメントをどうぞうっぎゃぁーーー!

ちょっとソレどーいうコトよ?
信じられない。相原バラ園のあのお日様サンサンの畑に影ぇ?
影ができるっちゅうの?えー?あー?しんじられないー!

すでに新苗生産のペースを落としているとの発言。
ひいては、来年買うことにしている秋苗にも影響が (/_;)

そしてなにより、バラを愛する相原一家のお悩みを思うと、
ひどいお話しじゃないですか (/_;)。涙が出てきます (/_;)ひーん

・・・とりあえず、続報を待っているよ (/_;)

はるまき | URL | 2006/11/17 (Fri) 23:25 [編集]


先祖代々その土地で、農業を営み、生計を立ててるんだし
苗の品質・生産量に影響があるとなると、問題だよなぁ。
(今でも、儲かってるとは思えないのに・・さ)
健全な苗を育てるには、日照はどうしても必要!!
全国に『品質のよい苗』と認められるのを作ってきたのに

生産数が減る事は、販売数も減るわけだし
今でも売り切れちゃうのに~~~
元気で健康な、よい薔薇を育てたい気持ちで
全国からi-roseさんに頼むんだもん

業者さんに、苗作りにはどうしても、太陽の光が必要なのです!
その事をご理解していただき。
日照に配慮した建物としての計画をお願いできないのだろうか?

農地の隣に15F建とは・・随分高い建物だね。
都内で交通の便良しの我が家の近所も畑が結構あるけど、
新しく建物が建っても、高い建築は、建たないけどねぇ。

育てた人の、苦労も笑顔も温もりも伝わる
苗が、私は好きなのだ~~~!!

かな。 | URL | 2006/11/18 (Sat) 00:02 [編集]


我が家は相原産のバラに囲まれています。

「なんでこんなに綺麗に咲くの」って尋ねられると
「それは相原産の苗だからよ。」って自信を持ってお友達にお勧めできる苗です。

全国に相原ブランドの苗を愛するロザリアンが増えて
苗の争奪戦を勝ち抜くのは、地元組の私でも難しい。
それは相原組の皆さんが、高い技術と長年の経験・
ご家族の努力と愛情で生み出す苗だからこそだと思います。

苗の生長に日照条件は重大です。
既存の畑に影を落とし、生産者&全国の相原ブランド苗ファンの心に陰を落とす
建設予定の建物に疑問と憤りを感じます。

今まで通り元気に成長する相原ブランドの苗が
生産できますように心からお祈りしています。

SALLY | URL | 2006/11/18 (Sat) 15:28 [編集]


本当に大変なことになって驚いています。
そんな中で、例え販売数は減っても「品質第一」とされることに感銘を致しました。
また、こんな生産の根底を揺るがす一大事に関わらず、まずは「これから出来るだけのことをしていこう」とされるお姿にも感動します。
一鉢一鉢が『相原バラ園のこだわりのこの一鉢!』で、バラの苗だけでない「なにか」を分けて頂いていると感じます。

どうか皆様にはお体に気をつけて、じっくりいってくださいませ。
その間、土作り庭作りしながら待っております。

花のしっぽ | URL | 2006/11/18 (Sat) 22:19 [編集]


なんですって~~~。

春苗ショップはまだかなぁ~~~?品種も増えるってうれしいなぁ。
もうふやせないわ!
とか思いつつ、待ちわびていたのです。

くんぷーさん、大変な事態だったのですね。
どんなにかつらい思いをなさったことでしょう。
父様、気落ちしていませんか。

どうぞ、BBS写真館にのこる全国のファンの薔薇の写真や、ここに繋がるコメントがなんらかの力になることを祈ってやみません。

どうか、バラ園を続けて下さいねぇ~~~~~~!!!

rugosa@出羽 | URL | 2006/11/18 (Sat) 22:46 [編集]


それって、生産者にとって本当に深刻な問題!!
そして我々消費者にとっても一大事!!
だって、バラ苗はどこでも買えるけど私は元気印の相原産のバラが欲しいのに。

市街化地域だからといって周辺地域の方を無視した建て方なんて・・・。
日照の問題で近隣に農業をされている方がいるのであれば、生産物にどんな影響がでるのか専門家に調査してもらったり、設計段階から農家の方に話を聞いてみたりして設計するのが建築会社の勤めではないかと思うのは私だけでしょうか?

って、すみません。建築会社側に対しての抗議文みたくなってしまいました。
でもどうしたら消費者の声を聞かす事ができるのでしょうか。このブログって建築会社の方に見てもらえるのでしょうか?
是非、見てもらいたいです。

私は相原バラ園の皆さんに何をしてあげられるのだろうか・・・。
家族四人で苦労して品質を維持しているのに、さらに苦労が増えるなんて・・・。
でも応援していますので、どうかお体に気をつけて下さいね。

いざよ@北海道 | URL | 2006/11/18 (Sat) 23:43 [編集]


( ̄~ ̄;)ウーン・・・

難しい問題ですねー。
i-roseがある場所は市街化地域、しかもまだまだ発展していく場所。。
そこにビル・・・・・いつかはとは思ってました。。
とうとうその時が来たんですね。
農家が多いのも事実だけど、農業をやるには中心部に近すぎだとも
思ってました。。そろそろ郊外に新たな場所を求めるのも時代の流れに
従う形ではあるけど一考かなぁ~とも思うし、kumpuuさんの仰るとおり
先祖代々の地を離れるのも・・・というのも分かるし。。
ほんと難しい問題ですねー。自然と人が共存するためには
ある程度の住み分けが必要なのかもしれませんね。。

HIRO | URL | 2006/11/19 (Sun) 00:22 [編集]


社員旅行で道後温泉に行ったので、今朝、相原バラ園をこっそり覗いてきました。その時、西側にマンションのモデルルームができているのに気づきました。ちょっといやな気がしたんですが、そうだったんですね。こんなことになって、私も悲しいです。

随分悩まれておられ、何もご支援できないのが歯がゆいのですが、ぜひとも困難を乗り越えて、引き続きよい苗をお届けいただけるよう、心からお祈りしております。

Mary | URL | 2006/11/19 (Sun) 07:08 [編集]


はじめまして。はるまきさんのところで知り、急いで飛んでまいりました。
去年から春、秋とお世話になっておりますが、みなさんがおっしゃるように
品質の良さが一目瞭然の苗で、これからもずっと・・・と思っていました。
いやいや、今でも思っています。
マンション建設はいかんともしがたいことだとは思いますが、少しでも
いい方向に事が運ぶのを祈っております。
今年の秋送っていただいたヒュームズ・ブラッシュは、それはそれは可憐な
花をたくさん見せてくれました。すでにまたつぼみをつけはじめている姿を
みるにつけ、i-roseさんのことを思います。がんばってください。

すみごん | URL | 2006/11/19 (Sun) 09:40 [編集]


ガンバレ~!相原組。

相原組。のみなさん、こんにちは。
お久しぶりです。
くんぷーさん。なんとも大変な事になっているのですね。
マンション建設。難しい問題ですね。
私たちはただ遠くから応援していれば済みますが、ご近所の方々にはそれぞれのお仕事や立場などもおありでしょうし。

とにかく私たちは相原苗が大好きだからこそココに集っているわけでして、相原さんたちには今までどおりの苗を気持ちよく作り続けて欲しいと、ただただ願うばかりです。
いえ。本当は自分のためかなぁ。。。
だって、相原苗が相原苗じゃなくなったら困るもん!!!
ってわけでぇ、やっぱりマンションなんか建てないで~~~~~!と言いたくもなるわけです。^^;

とにかく。。。ただただ祈っています。
ガンバレ~!くんぷーさん!!!

たまっち@埼玉 | URL | 2006/11/19 (Sun) 11:56 [編集]


(「うっぎゃーーー!」のコメントだけではなんなので (^^;)



建築計画を知ってから後、kumpuuさんは最悪の事態を想像して、オソロシイ妄想に取り憑かれながら日々を過ごしていたんじゃないかな・・・ってこれこそわたしの妄想なんですけど (^^;。

そういったi-roseさんの苦しみを重々鑑みて、「追い出す訳ではありませんが、いまの農地に匹敵する適地を他に用意します」とか「農地に日陰が影響しないよう配慮した建て方をします」とか「充分な補償をします」ってな、最大限な申し出ては果たしてあったのだろうか?

15階建てのマンションが出来るのは仕方ないって思いますわ。その建物一棟作るのに、地元の多くの業者さんが受注を請け負うことになるんだし。地元の発展がいい具合にすすむ(ハテ?農業を追いやっての発展ってアリか?)のならなおさらね。けれども、わたしにとって大切に思うi-roseさんに相当な被害が予想されるとなると、そりゃ無関心ではいられません。

そしていずれ入居する(総ての方がバラ好きと限らない)住民の方々とのおつき合いも始まるわけです。マンションを購入された方達は、隣の土地が緑で満たされ、シーズンには花と香りで満たされるバラ園を・・・毎日憎らしげに見つめるような環境を作り出してはいけないと思うのですよ。

だからこそHIROさん(わたしの存じ上げるひろさんでしょうか?)が仰るように「ほんと難しい問題」なんです。「デリケートな問題」とも違うなぁ。圧倒的に恒久的な被害を受けるのは・・・汗水流して耕し続けた農園に、この秋kumpuuさんの涙が・・・ (/_;)。

あの農地を手放してもっと郊外にバラ園と住居を構えたところで、今まで通りの生産が再開できる程、バラの栽培は単純ではないでしょう。少なくともkumpuuさんはいまの場所で努力したいって希望を持っている(最悪の落ち込みから這い登って確信した「希望」なんだと思います)。

このさき50年もあそこにバラ園が有り続けるかどうか、あるいはいずれ別の形態に変化せざる負えないのか、一緒に彼女を見守ってあげましょうよ (^^)/。わたしもいずれ松山住人になる可能性大なんだし、よぼよぼのわたし達が町の中にあるi-roseさんでオフするのさ。kumpuuさんだけ「若いまま」だったりして (^^;をよよ

はるまき | URL | 2006/11/19 (Sun) 12:26 [編集]


Kumpuuさん、相原組の皆さん、・・・・
なんと申し上げていいやら。。。部屋の中を
行きつ戻りつ、思案してみましたが 何一つ思い
浮かびません。ただただ 応援していることを
お伝えするしか ありません。
あまりご無理なさって 健康を害しませんように。
この逆境を乗り越えて きっと相原バラ園が繁栄されますように
こころから 祈っております。。頑張ってください!!!
(アンネのバラも見守っていますよ)

うさこ | URL | 2006/11/19 (Sun) 13:17 [編集]


一大事~~~\((;◎_◎)/!

ついに相原バラ園さんにも建築業界方面より暗雲がたれ込めてきたのですね・・・・・
部分的にせよ、陰地が移動するにせよ、現在の日照を確保できないとなると、直ぐ隣に高層ビルが建つと言うことは苗の生育悪化に直結する大問題なのは間違いありません。
ここで見る限り、相原さんの顧客は北海道から四国まで広くいらっしゃるし、私の友人で九州にお住まいの方もおられます。
皆さん、高品質の相原苗だからこそ、遠くの方でも通販で求められるのでしょう?

長いことその地にあり、耕し収穫し糧を得てきた善良な方々が、なぜ農業の必須条件である日照を一方的に奪われなければならないのか、憤りを覚えます。

建築許可さえ下りてしまえば、どのような理不尽な建造物でも建てられてしまうことは、様々な例を見ても明らかなことです・・・残念ながら。
○比叡山を借景とした美しい庭園が台無し・・・京都
○世界遺産(原爆ドーム)の景観を台無し・・・広島
○松山城の景観が台無し・・・松山
○住民が長いこと大切にしていた桜並木の景観から、軍艦のような巨大マンションが屹  立(同時に近隣から日照を奪った)・・・東京・国立市

上に挙げた例は「景観」を問題にしましたが、日照や電波障害、風害等の被害が近隣に及ぶことは言うまでもありません。それでも次々と建設される沢山の高層建築・・・なにか釈然としない思いがぬぐいきれません。

ここでまた、私たちバラ愛好家にとって、大変身近な事件として、「ビル建設による日照不足」がおきてしまいました。
kunpuuさんもご家族も、問題解決に向けて奔走されていることと思います。
そんな中での春苗ショップ開店準備は、さぞ荷が重かったであろうと想像しています。

私たちにとって、苗を選ぶ時間は至福の時・・・秋苗、冬苗、春苗と、その度にワクワクしながらリストに見入っています。
どうぞ、そんな時間をこれからも私たちにいただけますように。
苗を媒介として、相原バラ園さんと繋がっていられますように。
園主様ご夫妻、ハルさん、kunpuuさんがお元気で畑に出られますように。

東京から念波を飛ばしていますから。



レダ 東京 | URL | 2006/11/19 (Sun) 18:49 [編集]


そうだったんですか・・・

春苗shopオープンまでに、このような問題が起きていたのですね。
久しぶりにこちらを訪問して今知りました(汗)

マンション建設は最近また増えている気がします。
需要があるから?なのでしょうが、空き地や農地(をつぶして)に次々とマンションや住宅地になる光景は、私の近くでも多々見られます。
市街化調整区域である私の住む島とは違い、市街で農業を続けていくのは“いろんな意味で”大変なのだということが、お話を聞きよく分かりました。
それでも今までのように品質の良い苗を提供し続ける為に努力されるkumpuuさん御一家の姿に、ますます「ここの苗は自信を持って薦められるよ」と言いたい気持ちでいっぱいです。
日照と、あと通風も・・・きっと今までと変わってくるのではないでしょうか。
ほんの少し風の通り道が違うだけで、病害虫の出方がかわりますよね。
我が家も農業をしているのですが・・・畑によって全然違うんですよね。
だから・・・kumpuuさんの苦悩が、ほんの少しですが分かる気がします。

決定してしまった建設は、きっと変わらないのでしょうから・・・。
これから大変なご苦労をされて育てられる苗を、私も自分の手元に来たときには、せめてそのご苦労に応えられるように大事に育てようと思います。

エリナ | URL | 2006/11/19 (Sun) 19:29 [編集]


 うがちすぎかもしれないけれど。私、別に「陰謀マニア」でもないんですけど。

 あの地域にあれだけのまとまった土地が手に入れば、業者にとってけっこうな利益を生むのじゃないかと思います。道路端だし。地の利便性も悪くないですしね。
 まさか、そういう意図で、陰のできるような建物を建て、農園がやりにくくなったところを郊外に移転しませんかとうまい話を持っていき、広い土地を手に入れる──そんなきな臭い話でなければいいんだけど、と思うのは考えすぎであってほしいと思います。

 先祖伝来の土地に対する愛着も、長年のご近所つきあいもあるでしょう。それに、わずかの気候の差がどう影響を与えるかなんて、誰にもわかりません。実際、松前の橋を越えた途端、雪が積もっていたなんてこともありましたから。迷いますね、生命あるものたちを育てていく仕事ですもの。たいへんな思いでしょう。でも、陽光はとても大切ですよね。

 うちは自転車でいける距離なので、ほとんど苗に負担なく、秋にうちの子になったジュリアもフレンチレースもまだまだ蕾を挙げてきています。バラ園の横を通りながら、季節の変化をずっと楽しませていただいています。
 針田町のハウス栽培の某切り花バラ園とともに、近くに新鮮なバラのある環境を幸せに思ってます。いい花をずっと近くで見ることができるのですから。

 花が「咲く」という言葉は「笑う」という意味もあると聞いたことがあります。いい笑顔で花作りができることを心から祈ってやみません。……松山は今夜も冷たい雨が降っていますね。明るい晴れ間が空の向こうにあることを信じています。

 

デンティベス@松山 | URL | 2006/11/19 (Sun) 19:49 [編集]


涙をもって種まく者は、喜びの声をもって刈り取る

相原さんのばら苗のスゴさを知らなければ、
「もっと田舎に移転しちゃえば? 村田さんの八ヶ岳農場みたいな感じにすればいいじゃない?」
などと思っていたかもしれませんが、実際にくんぷーさんや相原家の皆さまが台木から丹精込めて苗を作っていらっしゃるのを知っていると、そう簡単に栽培環境を変えられるものではない、という意見に深く頷くばかりです。

わたしも、中学生でばら栽培を始めてから4回の転居がありましたが、転居するたびに、環境の違いが栽培方法の違い、ひいては育ち方、花つき、に大変な影響があることを肌身で感じております。3年半前に1000キロ移動したときは、水やりの頻度を始めとして、なにもかもが変わったと言っていいほどの変化がありました。
2年半前にさらに数キロ離れた場所に引っ越したのですが、たった数キロでもまた環境が激変して、いまだに試行錯誤中です。それでも、趣味のうちですから「今年の秋はダメだった」で済まされることですが、生計に直結する農家のお宅でしたら、まさに「死活問題」ですね。

さらに心配なのは、相原父さま母さまです。街なかの便利なところに住みたいのは若い人たちばかりではありません。むしろ、お年を召した方こそ、生活に必要なあれこれが徒歩圏内、自転車圏内に揃っている場所に住むべきだ、と思います。
「ここは市街地だ、農業やりたきゃ田舎に引っ込め」という権利が誰にあるでしょうか?
農業は国の礎、たとえそれが口に入る類のものでなくとも、今まで通りお日さまをいっぱいに浴びた健康な苗を相原さんが作り続け、わたしたちが買い続ける権利を奪われてはたまりません。

…春苗ショップで「シルバー・ライニング」を買ってしまいそうになりました。どんなに暗雲が立ち込めているようでも、雲の裏にはきれいな青空が広がっているのですよ、きっと。

ユミコ | URL | 2006/11/19 (Sun) 21:16 [編集]


15階建てマンションの件、すごいショックです。
私は4年前に今の自宅を購入してから、ばら屋敷を目指してあちこちで苗を買いまくっていました。 でもここ2年間、出産と病気でぜんぜん庭に手をつけられず、ずいぶんいろいろなばらを枯らしてしまいました。 
その中で生き残っている今我が家にあるばらは相原さんと村田さん(近所ですから)の苗がほとんど。 (他のはEnがちらほらあるぐらい)
ですので今回の春苗、病気回復祝いだとすごく楽しみにしていたのです。
何かお力になれることがあればいいのですが・・・。
地元議員の方とか、農協を通して施工側と交渉することはされておりますか?

ららぽん | URL | 2006/11/20 (Mon) 12:53 [編集]


頑張れっ!相原さん!

いっぱい複雑なこともあるのだと思いますが、楽しみに待っているファンが全国にいますから、元気出して春苗作ってください。
応援してますよ!

太陽 | URL | 2006/11/20 (Mon) 17:42 [編集]


応援してます!

コメントをどう
尾張徳川家の城下町界隈に住んでいます
名古屋市の真ん中あたりになるでしょうか
30年ほど前は城下の雰囲気が色濃く残り
戦後の区画整理が遅々と進まない地区でした
でもやはりじわじわと都市になってきました
町の名前が変わり
屋根神さまが無くなり
黒塀が無くなっていき
冠木門が減っていき
古いお屋敷は無くなっていきました
馴染みの店も閉店や移転で
減っていきました
今は町内にもマンションが建ち
ハウジングセンターのモデルハウスのような
現代的な家々になり
駐車場や空き地、ビルの都会の風景になっています
切なかったですよ
愛着があったものが
一つずつ消えていくのは
相原バラ園の今に
とても胸が痛みます
相原バラ園から来たバラたちと
ここで知った皆さんの世界に出会って
わたしの世界が広がり
とっても感謝しています

応援してますよ!!!

そらみみ 愛知 | URL | 2006/11/20 (Mon) 22:22 [編集]


新苗を楽しみにしてきたところに、辛い話
バラ園には、頑張ってとしか言えないのが口惜しい。

来年も、もっとず~っと先も、i-roseの元気な苗が
沢山の薔薇を全国で、咲かせられれるように
どうか、お願い!お願い!
もう少し、もう少しだけでも、お日様が苗の上にさすような
建物を考慮してほしい。声は届かないのだろうか?
元気で、良質な苗を作れるようにどうかお願い。
その思いが伝わることは、ないのだろうか?

かな。 | URL | 2006/11/21 (Tue) 18:11 [編集]


春苗ショップ、じっくり拝見しました。
どのバラを見てもそれはもう、美しくて。。。
太陽と愛情をいっぱい浴びて育った苗ばかりですね。
その大切な陽の光が遮られるとあっては、kumpuuさんご一家の一大事!!
心が痛みます。 

私の両親も住宅地の中での温室農家です。
周りの畑が少しずつ宅地になって行き、不自由な栽培をしています。
特に日照は打撃ですね、
西側に2階建ての普通の家ができただけで
午後の陽が遮られ温室はひんやりしています(冬には)
それと、消毒。
新しい家には若いご夫婦とお子さんが。。
今までのように気がついてスグ、消毒、とはいきません。
でも、何とか工夫して品質を落とさず(収穫量は減)やっています。

安易なことは言えませんが、kumpuuさんご一家ならきっと乗り越えられると思っていますよ。心から応援しています。

yurari | URL | 2006/11/22 (Wed) 00:18 [編集]


マンション建設のお話、日照量が激減してしまう部分ができてしまうとのこと。
何をどういえば良いのかわからず...ここ数日、全国の皆様のコメントが増えて行くのをただただもどかしい気持ちで眺めておりました。

相原産の苗は本当に良い苗です。
他人にものを勧めることなんてほとんどない私が、この秋、ご近所さんを誘って一緒に秋苗を注文したほどです。届いた苗には非常に満足してもらえ、「よく、こんなに良い苗を販売しているところを知っていましたねぇ?!」とまで言って頂き、勧めた甲斐があったとほっとしていたところでした。

今後は相原家の皆様にとって、今まで通りの年間作業では生産を進められなくなることと思いますが、kumpuuさんのお話では現在生産中の春苗とともに今の場所で努力してみようという方向で気持ちを奮い立たせていらっしゃる様子。別の場所に土地を用意することや、バラが順調に生育してくれるために考慮することなど、じっくりじっくり検討していただいて今後も相原産元気印苗の生産につなげていってもらいたいと切に願っております。

...ということをやっぱり伝えておきたいと思い書込みさせていただきました。

bun | URL | 2006/11/22 (Wed) 19:42 [編集]


署名

相原苗ファンの私としても、ショックな話です。愛媛出身の私は、松山に相原さんという素晴らしい生産者がいるということが、誇りでもありました。どこかのんびりした松山の町も大好きでした。市街地が一画化されるのでなく、農園があったり、ということは、生活するものにとっても潤いのある暮らしやすい町だと思うのですが、駅前高層マンションという流れは否めないのでしょうか?
もし、署名などあるのでしたら、おっしゃってください。それくらいしか思いつきません。

ももんが | URL | 2006/11/24 (Fri) 11:25 [編集]


今も考え続けていらっしゃるのでしょう。薔薇と、薫風さんのお顔を曇らせるビルの影。
何かできることはありませんか?小さなことでも・・・。
わたしのバラ置き場はベランダと窓・・・南側、西側、北側。日照の重要さは痛感しています。その痛手は何らかの補償をしてもらって済むものではとてもありません。

質を落としたくない。その思いはきっと、相原苗を手にしたことのある人ならば即理解できるものだと思います。
薫風さんご家族がこれから決められること、進んで行かれる方向の全てを応援します。
信頼しています。



きんぎょ。 | URL | 2006/11/25 (Sat) 07:19 [編集]


相原バラ園さんを最も信頼できるナーセリーとして
大切に思っているひとりです。
元気な苗にこれまでどんなにか癒されたことでしょう!
相原家の皆様のお言葉に触れ
私の生活はどんなにか豊かになったことでしょう!!
心より感謝申し上げます。
時代や状況が変わろうとも、これからもずっと
お世話になりたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いいたします。

美しいバラたちが香り続けることができますように。
順風がたくさん吹きますように。


くらまま | URL | 2006/11/27 (Mon) 01:15 [編集]


ありがとうございました。

沢山の励ましのコメントを有り難うございました。

相手もあることですから、軽率な発言は慎みたいと思いますが、本当に悩ましい問題です。
結果的に不安をあおるようなことになってしまったかもしれませんが、ナーバスな問題だけに、憶測や噂が一人歩きすることだけは避けたいと、お話しできる限りの事実を私自身から報告させていただきました。

このブログだけでなく、ご注文の際、あるいは個別のメール、お電話などで、励ましのお言葉を下さった皆様、有り難うございました。
様々なお申し出も有り難いことだと、感謝しています。
もしも、何かお願いするようなことがあれば、そのときはどうかお力添えいただければと思っておりますが、 まずは私たちの力で出来ることをやってみます。

・・・が、その問題は問題として置いておいて、バラは、私たちを畑で待っています。

太陽を燦燦と浴びた逞しいバラたち、我ながら、芸術品で、ほれぼれします。
植物の力って、偉大ですよね。お世話していると、頭を真っ白にして楽しんで出来ますね。
バラと向き合うときは、気持ちを切り替えて、「笑う苗」を育てていかなくては。
なんと言っても、箱を開けたときに、皆さんに笑顔になっていただくのが、私たちの究極の目標ですから。

kumpuu | URL | 2006/11/28 (Tue) 21:40 [編集]