FC2ブログ
 

相原組。

薔薇のクリスマスリース

20061220-003.jpg

クリスマス前の3連休ですね!
先日、ハルがクリスマスリースを作りましたので、5作品をご覧下さいませ。
12/21(木)の午後6:55からのお天気コーナーのお天気お姉さんのために、作って差し上げたの。(笑)今年最後の季節の花の紹介コーナーで、この日のテーマが「バラを使ったクリスマスリース」。もちろん、愛媛ローカルですが、偶然ご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんね。

バラを使うと、こんなに素敵なリースが作れるんですよ~。

DSC09968.jpg

[作品1]
これは、上の写真を真上から見たところ。
グリーンのバラの実が効いているでしょう。これは、原種の仲間のゴールデン・ウイングズ。四季咲き性も強いし、殆どFLか、ティかと思うほどなのですが、今現在も明るいグリーンの葉を繁らせてるんです。冬眠する温度が低いのでしょう。そのため、実も色づいていませんが、クリスマスカラーの赤とあわせるにはぴったりです。

赤バラは切花のローテ・ローゼ。グリーン・ローズも見えますね。
あと、持参したヒイラギの葉とか色々使っています。

DSC09975.jpg


[作品2]
リースも柳の枝で自作しました。
自宅庭に生えているシャコバサボテン。
ね!赤い実がいいでしょう。赤く丸いのは、「バレリーナ」。
緑の丸いのはノイバラの色づきの遅い品種。
赤いティアドロップ形は、「ロサ・ペンデュリナ」。
一年中楽しめるバラっていいわ~~~。

そうそう、リースに沿わせているグリーンの葉はつるバラの「アデレード・ドルレアン」。
このバラの素晴らしさは、何といっても、細い細い枝。絶対に自立できません。葉も、やや尖っていてすっきりとしている印象でフラワーデザイナーさんに見せると、絶対に欲しいという優れものなんですよ。
高いところから垂れ下がらせるのも、いいですよ。

DSC09981.jpg

[作品3]
これは、幅10cmほどの小作品。
ちょっとテーブルの上に置くのにいいでしょ。

DSC09978.jpg

[作品4]
これは、実は両手で抱えなければいけないほどの大きさのリースです。
赤や白のバラを使い、ポインセチアをところどころに入れてみました。
斑入りのヒイラギもいいですね。少しずつ違うグリーンを入れると、作品が広がりを持ちます。
ハル先生いわく、リースを作る際のポイントは、真ん中の円をしっかりと見せること。外側は、少し枝を遊ばせてもいいけれど、内側は、なるべく締めて作るといいそうです。

DSC09972.jpg

[作品5]
分かりやすいように、上からの写真です。高さは10cmほど。
テーブルの上に置くキャンドルの周りを飾りました。
今までの作品に使ったものばかりですが、白いのはシクラメンの花です。柳の枝で遊んでみました。

センセー、こんな解説でよろしいでしょうか?
我が家は、クリスマスも関係なく、鉢上げ作業してます。やり始めると楽しいので、それはそれでいいのだ。
ではでは、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください!メリー・クリスマス!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

Happy Christmas~☆

薫風さん、ハルさん、こんにちは(*^_^*)

何てステキなリースでしょうか!全部ステキです~♪
色がとても綺麗です。
どれもそれぞれに大好きだけれど一番は作品1かな?

ステキなクリスマスプレゼントをありがとうございました(*^^)v

沙羅 | URL | 2006/12/23 (Sat) 12:36 [編集]


庭掃除の極意は・・

敷石にかかった雑草を取り除くと、庭が綺麗になったように見えます。リースの真ん中を綺麗に見せる、というのに深くうなずきました。
なんとなく、通ずるものがありますね。

斑入りの柊、この秋に買いました~~~!
でもまだ20㎝で6号鉢です・・・・・

レダ 東京 | URL | 2006/12/23 (Sat) 21:49 [編集]


やったぁ! リースだ。 薫風さん、ありがとう。さすがハルせんせですねぇ~♪
どの作品もス・テ・キ。
バラの実、赤くならないと使えないなんて、思ってたの。ど素人の浅知恵だったワ。
ロビン・レッド・ブレストの実かわいいの。でも緑のまま。
何かに使えたらと思っていたのだけれど、こうするといいのね。

今年は思わぬ怪我しちゃって沈んでいます。
来年は絶対作るんだから、『クリスマス・リース』

ちりり | URL | 2006/12/25 (Mon) 23:14 [編集]


もうひとつ、コツを教えちゃう。

クリスマス・リースって、やっぱり楽しいですね。
褒めていただいて、嬉しいので、来年のためにもう一つコツを言いますね。

作品4が分かりやすいのですが、色に関連性を持たせると言うか、流れを作ると、色々な素材を使っても、統一感があるというか、円を目で追うようになるというか。
銀色のリボンを使っているでしょう。あれが、上部の白バラと、下にある白バラとを関連付けていて、分裂した感じがなくなるのです。他にも、紅いバレリーナの実をリボンのラインに合わせて、下を向けたりしてますよね。

流れ、曲線って美しいですね。

kumpuu | URL | 2006/12/29 (Fri) 23:38 [編集]