FC2ブログ
 

相原組。

バラをお休みさせましょう。

20070107-005.jpg

年が明けて、バラの冬のお世話も最盛期に入りました。
暖冬の影響で、いまだに葉はふさふさ、花芽もついてる株をお持ちの方、「はて、どうしよう・・?」とお悩みの方もいらっしゃるようです。
本当の休眠にはならないかもしれませんが、仮眠くらいはとれるように、もうそろそろ冬支度をしましょう。
剪定をして、葉を取り去って、鉢植えの場合は土替えをして、余裕のある方は石灰硫黄合剤を塗りましょう。

写真は、相原父が石灰硫黄合剤を散布しているところです。数が多いですから。
地植えのところは、まだ葉が残ってます。これは、いつも一番最後で、販売用の苗があくまで優先なのだ。

もう慣れ切った作業で、風の向き等考えながら上手にやるので、相原父、大変に無防備な姿で散布していますが、絶対に真似をしないように!
きちんと防護服を着て、マスクもして臨んでください!
あと一ヶ月あけて、マシン油を散布する予定です。

少し補足説明をしますと、(何度も聞いた人はごめんなさ~い。)葉を取り去る理由は大きく3つあります。

1.葉に隠れて病原菌、害虫が越冬をするので、春の新芽から早速悪さをするため。
2.石灰硫黄合剤を散布するポイントは、まんべんなく余すところなく散布することが大事で、葉があると、邪魔。
3.春に瑞々しい新芽が出てきたのに、その脇に古い葉が残って、茶色くなって、くっついていたりしたら、美観を損なう。
それに、誘引のし直しにも邪魔でしょう?

そんなわけで、我が家のバラは全員葉もなく、剪定も済み、石灰硫黄合剤を散布され、仮眠状態に入っています。(あくまで、地植えは最後。虐げられてるわ~。)

特大苗の鉢上げ作業も終わり、先行予約を頂いた方には確認のメールを差し上げています。
今年は少し頑張って、いつもより数を作ってみました。
冬苗ショップも準備しています。頑張りまっす!

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつもながらありがとうございます

こんにちは。(もしかしたら、「明けましておめでとうございます」かもしれませんです)
いつもながらお忙しい中をタイムリーな話題、ありがとうございます。

出来そうな株から冬支度をしてたのですが、まだまだ葉っぱ青々、蕾一杯な株もあって、どうしたらいいんだろう?
と悩んでおりました。明日からばっさりと行きます~。
つるバラを見てみると、もう芽が膨らみかけていてワクワクして来ます。

花のしっぽ | URL | 2007/01/11 (Thu) 21:41 [編集]


あああ、相原お父様のいよいよ最後の仕上げの石灰硫黄剤散布のお姿を見ると、期待が風船のように盛り上がってきて、冬苗ショップOpenがもうめちゃくちゃ楽しみですっ!!相原苗が届いたらすぐに植えられるよう、場所も確保、すぐに大きくなっていただいても慌てないよう、ツルを絡ませるトレリスまで設置して、用意万端ですよん。

Mary | URL | 2007/01/14 (Sun) 08:55 [編集]