FC2ブログ
 

相原組。

暖冬の落とし穴

20070407-001.jpg

フライング気味の花が1輪2輪咲き始め、地植えの木香バラもボチボチと色づいてきました。
皆様のバラも随分芽吹いてきていると思いますが、今年、とりわけブラインドの枝、そして、出開きばっかりの芽が多くないですか?
鉢植えの苗の蕾がとても少なく、わたくし、なにかお世話を間違えたかと思いましたが、見本園の地植えのバラを見ても、そういう感じなんですよね・・。

暖冬のはずだったのに、なんで~~??
と、思いつつ、3月頃からの寒の戻りを戦々恐々と眺めてらっしゃった方も多いと思います。
私も悪い予感がしてました。。。当たっちゃった。。。

ブラインドになる原因は、花芽形成時期の栄養状態とか、寒の戻りなどと言われます。
寒の戻りは手当てのしようがないのが辛いですよね。

今年は特に暖冬傾向で、いつまでも花が咲き続けるくらい暖かかったのに、時折氷が張るくらいの寒い朝がポツンポツンと何度かあり、寒暖の差が激しすぎたのがいけなかったのだと想像しています。
ずっと暖かかったのに、突然の寒波で、結局「低温障害」の状態になってしまったんでしょうね。
去年の冬は厳寒でしたが、ずっと寒い状態が続いていたので、それはそれでバラにとっては良かったのでしょう。去年もブラインドは出ましたが、今年ほどではないですもん。

じゃあ、ブラインドや出開きの芽を見つけたら、どうしましょう。

ブラインドの枝は、その枝の5枚葉を2-3枚残して、さっさと切ってしまいましょう。
そうすると他の蕾が咲いた後、時間差で花を咲かせてくれるので、それはそれで楽しめます。
(↑まだ、寛容でいられます。)

写真のように出開きの芽(枝として伸びず、芽から数枚の葉が展開しただけの芽)ばかりだとどうしましょう。
ホント、どうしましょう。困った。
(↑寛容ではいられない。がっかりです。)

が、がっかりしていてもしょうがないので、寛容なふりをして次の段階へいきましょう。
出開きばかりだと、他のバラが一番花を咲かせる頃の花は期待できませんので、目標を「いいシュートを出し、次の花、もしくは秋の花を期待する」ことに置き換えます。
私たちならば、低温障害になっている枝(本当に縮れたような弱弱しい芽しか出ていない枝)は取り去り、出開きの枝を上から1/4~1/3ほどカットし、株元の日当たり風通しを良くし、シュートが出ることを期待します。
出開いた葉は悔しくてちょっと憎憎しいけれど、シュートを出すための「栄養補給の葉」と考え、これからの成長期、頑張って光合成をしてもらいましょう。全部葉を取り去ったりしたら、逆に株としてのバランスを崩します。

「株」ということに主眼を置いているので、このような対策になるのですが、何か工夫をお持ちの方は是非教えてください。
ブラインドのなりやすさは品種格差も大きいと思いますが、少々のことではブラインドにならず、毎年こぼれるほどに蕾をつけるものまでが今年は沈黙してたりするんですよ。トホホ。
一季咲きのつるバラがブラインドばかりで一輪も咲かなかったりしたら・・・ああ、考えたくない。そのときは、わたくし、慰めますから。

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

どうもありがとうございます

kumpuuさん、こんにちは。
出開き、ブラインドの処理のお知恵、ありがとうございます。
うちではティ、チャイナが全滅状態で、特にツル、半ツルが殆ど出開きなのは、見ていて辛いです~。
(それでも数輪は蕾をつけているのが救いですが)
丸々とした蕾を沢山つけているのもあるだけに、品種間によってこんなに違うのか~とちょっとした驚きです。
これはこれで諦めたフリをして、秋に向けてお世話したいと思います。
めげずにお世話してたら、きっと秋には春の分も咲いてくれる…と夢みますね~。


花のしっぽ | URL | 2007/04/08 (Sun) 12:25 [編集]


いつも楽しく拝見してます。
家では130株位を鉢で育てているのですがやはり多くやられました。
それらの株を見ていてちょっと思ったことがありましたのでお知らせいたします。

鉢土の植え替えを早く済ませたもので芽が動き始めていたものに春の追肥をしていたものに多く見られていたように思いました。
植え替え時期が遅く、芽動きと追肥の時期があったにも拘わらず寒波のため追肥をためらっていた株はとても良く育っています。
同じ品種で扱いによって育ちが大きく違ったものがありました(品種はスパイス・ド・コーヒー)のでそう思った次第です。
この品種で、ぼさぼさのブラインドの多い株は思い切って冬剪定の半分くらいにもう一度切りつめてみましたら、今は良さそうな芽が動き始めてほっとしています。
春追肥をし損なった株は、今は蕾をいくつも付けてシュートも上がり、追肥をした株よりもよい成長をしています。

以前こちらで購入いたしました苗3種類
・ランデブー  ・・・去年の秋に枯らしてしまいました
・グレイパール
・八坂
の内、
グレイパールは去年は育て方が悪かったようで余り大きくならなかったので(すいません・・・)、用土替えし切りつめ越冬させたのですが、根の安定が心配だったため他の追肥を行っている時期でも追肥しなかったのですが、
それがかえって良かったようで今では根本から元気なシュートも蕾も上がり、とても良い成長をしています。
八坂は芽が伸びてみましたらやはりブラインドでしたので、アドバイスのように切り戻して今様子を見ています。

ちなみに植え替えに使った土は、リサイクル土で生ゴミをコンポスト化した土と、楽天さんで購入した海藻有機くんという肥料のような土壌改良材のようなものと『ベラボン』というヤシのみの繊維を混ぜたものを使っています(随分乱暴な混ぜ方をしているかもしれません・・・)。
鉢はロゼアポットを使っています。

ご参考まで。

翁丸 | URL | 2007/04/09 (Mon) 00:22 [編集]


kumpuuさん、お久しぶりです。
お元気ですか?ときどきのぞかせてもらってます。
我が家ではさほどブラインドに困ってないんです。なんでだろ。
植え替えが遅れて芽が動くのが遅めだったから?
強いて言えばルイーズ・オディエくらいかなぁ。こいつは芽吹きが早いからある程度仕方ないかなと思ってますけど。

相原印では、
マリー・ヴァン・ウット:調子よいです。ブラインドはありますが気候のせいではないでしょう。
グロワール・ド・ディジョン:ハルさん習作いや渾身の切り接ぎ苗(笑)。とてもよいです。ガンガン蕾を増やしてます。早いのはガクがはがれてきました。花が西日に弱いのが残念なり。
コンテ・ド・シャンボール:去年コガネムシにやられて瀕死になり7本あった主幹が3本に。今年は花より肥培の年と思ってましたが春先からシュート4つ。減った分増やすつもりか(笑)
こんな感じです。

やのりん | URL | 2007/04/11 (Wed) 23:07 [編集]


kumpuuさんこんにちは。
昨年の失敗を生かしてブラインドにならないように剪定時期を少し遅らせたりして気をつけたつもりでしたが、HTにたくさん出現してしまいました。ORはアルシデュック・ジョセフの花数が少ないですが、他は順調だと思います。
また今年は、一番花の前にうどん粉が大発生してしまってびっくりでした。
今日は近所で黄モッコウが咲き始めているのを見かけました。
こちらはいよいよバラのシーズンに入りますよ。
新苗のお迎えを楽しみにしています。

くらまま@関東南部 | URL | 2007/04/13 (Fri) 21:02 [編集]


暖冬の落とし穴

こんばんはー。
いつも楽しく拝見していますv-290
確かにほとんど出開き枝という株もあります。それが一季咲きの株におこると、と思うとぞっとしますね・・・。

昨年お送りいいただいた新苗の蕾状況ですが
【オフェリア】は大小あわせて16こ以上という
咲くところを想像するだけで幸せ~になれるくらいついてくれましたv-344
全部咲かせていいのかと少し心配です・・・
この株の様子はブログでも紹介していますので
よろしければごらんくださいv-290

お忙しいと思いますのでお体くれぐれもご自愛くださいませ。
今年の新苗も楽しみにしています♪

ころりんママ | URL | 2007/04/13 (Fri) 21:12 [編集]


kumpuuさん、 お久しぶりです。
いつも楽しく拝見しております。
近頃一雨ごとの 薔薇の成長がめまぐるしく、
え~? 何時の間にこんなに大きくなった?? っと びっくるすることもしばしば・・・・。
鉢同士の間隔も広めにとっておいたつもりだけど、 もう薔薇の葉っぱで埋まってしまって、 ツル薔薇のアーチの下にはしっかり木陰が出来てます。
我が家では今朝、 黄モッコウの一番乗りで咲き出し、 いよいよ薔薇シーズンの到来♪

ところで、 今年は天候不順にもかかわらず、 しかも植え替えをしてない鉢もあるのに、 花芽が順調に生育しています。
もしかすると、 米ぬかと、 某メーカーの、 "HB1☆1"の効き目?? 
とにかく葉っぱがものすごく元気で、 去年までひどかったウドンコもほとんど無し。 (注・わたくし決してマワシモノではございません!!!)
でも喜んでばかりもいられません。 早くもバラゾウくんの 花芽パッチンの被害に遭ってしまいました。
ああ、 今年も又虫たちとのバトルも勃発ですね。。。
(特にブイブイの根の食害には 本当に泣かされてます。。。。)

では、 kumpuuさん、 新苗の到着、 楽しみにしておりますね~♪
お体に気をつけて がんばってください(^^)

べるるん | URL | 2007/04/14 (Sat) 10:48 [編集]


自然にはお手上げ

薫風さん、おはようございます。今日は日差がまぶしい程のいい天気でございます。手間暇かけて愛情いlっぱいに育てても自然にはお手上げ、暖冬と寒波のせいでティ-ロ-ズが芳しくないです。昨年新苗できた相原産はとっても元気、君はほんとうに新苗だったのですか、、、モスのカトル・セゾン・ブラン・ムス-大きくなりましたよ、モジャモジャノモスつけたつぼみもいっぱい、コンテ・ド・シャンポ-ルもアイス・バ-グも大株になってますよ。朝日しかあたらないベランダで育ているチャイナ多数株もそれなりに大きくなって、蕾もおおくついてます。東南ベランダで育てているバラより成績がいい株が多い。なんでかな、なんでかな、手首をふりふりしたくなります。昨年予約した新苗たしみにしてます。

きょうこ千葉 | URL | 2007/04/14 (Sat) 11:23 [編集]


御意見、ありがとうございました。

こうしておけば、もしかすると、もう少し良かったんじゃないかとか、まだ頭の中でグルグルしています。
休憩時間にも、新芽が伸び始めようとしたときの、「暖かかったあとの氷が張るような数日」のことが話題に出て、「あれが効いたね・・。」と、まだ諦め切れてない。(苦笑)

新芽の伸び始めたときの寒波が一番効くので、植え替え時期の早い遅いで影響は随分違うように思います。
余りにひどい寒波が来て、そのタイミングが最悪だと、新苗も壊滅的に枯れこんでしまいます。幸いにも私はまだ経験がありませんが、両親は泣きの涙の年があったと話します。

な~んて、言いながら、心は新苗。
新苗のスレッド、書きますね~~。新苗はいい出来なのよ。

kumpuu | URL | 2007/04/15 (Sun) 21:03 [編集]


ごぶさたしてます。
そうだったのですか。うちでも去年ぐんぐんと育った相原組のグルス・アン・テブリッツが不調です。ようやく本葉が展開し始めたところです。総じて今年2年生苗が不調で、蕾は辛うじてあげてきているものも全て摘蕾しました。3年生以上はかなりいい感じで、天候不順が続いた去年より圧倒的によいようです。病気の発生一切なし、ゾウムシ少々といったところでしょうか。

愛美堂本舗 | URL | 2007/04/15 (Sun) 22:28 [編集]